有料老人ホームの種類

有料老人ホームにはどんなところ(種類)があるの?

有料老人ホームとは、国の規格に基づいて造られている高齢者向けの生活施設です。

 

日々快適に生活が送れるよう充実したサービスが取り揃えられています。

 

一昔前には老人ホームといえば嫌がる方も多かったですね。

 

最近では綺麗で使い勝手が良くサービスが充実している施設も多い事から、入居するまで順番待ちになるほど人気を集めている施設もあるのです。

 

その背景には子供達に迷惑をかけたくない、という意識もあるようですね。

 

やはり同居して、2世帯、3世帯となると住宅の形にも寄りますが、子ども世帯には負担をかけてしまいます。

 

介護が必要であれば、子ども世帯のどちらかが仕事を辞めたりしなければならないかもしれません。

 

であれば、お金を貯めておいて、介護付有料老人ホームなどへ入れるようにしておこう、という家庭が増えていると考えられます。

 

実際、生活空間として快適な有料老人ホームも増えています。

 

24時間看護師が常駐しているようなホームもあります。

 

ニーズに合わせて、有料老人ホームを選ぶ事でその後の生活が快適になるんですね。


有料老人ホームには3つの種類がある

また入居費用なども一時期と比べて安くなっている所も増えています。

 

手が届きやすくなっていることも、利用される方が増えている原因といえそうですね。

 

この有料老人ホームには3つの種類があり、健康型有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・介護付有料老人ホームなどがあります。

健康型

現在のところ体に問題が無く介護を不要とする自立生活者だけを対象とした種類のホーム。
介護となった場合には契約が解除されて退去することになる。

住宅型

施設内の職員が介護を行うことはなく、介護が必要な場合は訪問介護・訪問看護・通所介護など外部の居宅サービスなどを別途で契約し利用しながら生活を送る事ができる種類のホーム。

介護付き

施設内の職員が24時間体制で介護サービスを提供してくれるタイプのホーム。
ケアマネージャーが策定した計画に従い身体介護として食事・入浴・排泄などのケアから、生活援助として掃除・洗濯など、また健康相談を受けてくれたりリハビリなどと様々なサービス項目がある。
要介護者3名につき介護スタッフ1名以上を配置している事から手厚い介護が期待できる。

働く側の看護師としても、求人ニーズが高まっていますし夜勤あり、無しなど働き方を選ぶ事も出来る事から、家庭と仕事を両立させる働き方を希望する方達の間で注目されています。

 

看護師バイトとして働いたり、転職を希望される場合には、転職サイトを利用して老人保険施設の看護師求人を探したりしています。

 

参考:介護付有料老人ホーム 看護師の仕事について。


このページの先頭へ戻る